◎介護福祉士とは!?

【介護福祉士ってどんな職業なんですか!?】

  • 高齢者、障がい者(児)の生活を守る・命を守るお仕事です。
  • 今まで通りの生活が出来るように努めていくお仕事です。
  • 専門的な倫理、知識、技術を活かして生活を支えます。
  • ご家族様、地域、社会また他職種とご利用者様を繋げます。
  • 厚生労働省定めている国家資格になります。

 

◎主なお仕事内容

【食事介助】

利用者の方に食事を食べて頂く介助だけでなく、自ら食べれるような働きかけ、声かけなどを行います。

 

【着脱交換】

起床の際、入浴後、衣服が汚れてしまった場合などに衣服の着脱交換を行います。

 

【入浴介助】

最低週二回は1人の利用者様に対して、入浴介助を行います。

入浴介助の場合は気をつけないといけない点が多く、高い専門性が要求されます。

介助方法もマンツーマン介助、中介助外介助と行う施設があり、機械浴、個浴槽などがあります。

 

【排泄介助】

オムツ介助、トイレ誘導などがあります。

排尿、排便などで汚れてしまった場合の交換を行う介助です。

トイレ誘導の見極めも高い専門性が必要であり、なるべく日中はオムツにしないような取り組みも必要です。

 

【口腔ケア】

利用者の方の食後の口腔ケアを行います。

口の中の様子を確認するだけでなく、歯科衛生士と共に口の健康、歯、歯茎の健康、入れ歯の状態を確認しながら1人1人あった歯磨きを行います。

 

【コミュニケーション】

介助業務ばかり目にいってしまいますが本来、利用者の方とのコミュニケーションの中でケアが行われていきます。その為、コミュニケーションの時間を設けることも業務に含まれています。

 

【レクリエーション】

レクリエーションは利用者の方のリハビリにも繋がり、他の利用者の方とも時間を共有する事ができます。生活や人生に楽しんで頂ける時間の提供を目指しています。

 

【記録、申し送り、ケア会議】

1日の利用者の方の記録を付け、職員全体に申し送りをします。

その後、問題があったり、もっとケアを良くする為にどうすれば良いのか会議などを行います。

◎介護施設の1日の流れ

【1日の流れ:日勤の場合】

 

6:30 起床、トイレ誘導(排泄ケア)、着脱交換

 ↓

7:00 朝食準備、配膳

 ↓

7:30 食事介助

 ↓

8:30 口腔ケア

 ↓

9:00 トイレ誘導(排泄ケア)

 ↓

9:30 居室移動、臥床介助

 ↓

10:00 入浴準備

 ↓

10:30 入浴介助

 ↓ 

11:30 昼食準備、配膳、起床介助、トイレ誘導(排泄ケア)

 ↓

12:00 昼食介助

 ↓

13:00 口腔ケア、トイレ介助(排泄ケア)、臥床介助

 ↓

13:30 入浴準備

 ↓

14:00 入浴介助、レクリエーション

 ↓

15:00 おやつ介助、トイレ誘導(排泄ケア)

 ↓

16:00 記録時間

 ↓

17:00 トイレ誘導(排泄ケア)

 ↓

17:30 夕食準備、配膳

 ↓

18:00 夕食介助

 

※施設・現場によっては異なってきます。

※季節的なイベント、その日の状況によっては変わってきます。