「介護で離職」男性13%が経験 女性は27% 

介護が必要な親と同居する中高年のうち、離職の経験がある人は男性で13・4%、女性では27・6%にのぼることが12日、公益財団法人家計経済研究所の調査で分かった。

 

40~64歳の男女470人を対象に平成23年9~11月、インターネット調査会社を通じて実施。親の平均年齢は82・7歳だった。

 

介護の影響で「自由な時間が減った」と答えた人が離職経験者は86・5%、「(子供など)他の家族に手が回らなくなった」とした人は59・4%。在宅介護に掛かる自己負担額も尋ねたところ、1割負担の介護サービス利用料におむつ代などを加えた平均額は月約6万9千円だった。

 

同研究所は「総費用の6~7割を介護保険でカバーしているものの、介護が家計を圧迫している。働きながら介護する人への支援が必要」と話している。

 

参照ページ:産経ニュース