【介護・医療専門用語】血糖値(けっとうち)

◎血糖値とは

 

血液中には一定量の糖質が含まれ、これを血糖と呼んでいます。

血糖値は食の後に増加しますが、空腹時にはほぼ一定に保たれ、主として肝臓がその調節に関与し、いくつかのホルモンによって支配を受けている。

 

空腹時の血糖を測定して、血糖値が140㎎/dl以上、又は血糖検査を食前食後を問わず行った場合、血糖値が200㎎/dl以上であれば糖尿病と診断されます。