交感神経(こうかんしんけい)

◎交感神経とは

 

副交感神経とともに内臓の運動や分泌を調整する自立神経系を構成する神経系で、副交感神経とは拮抗(きっこう)する作用をもつ。意味…拮抗、構造の類似したした物同士が特定の活性などについて干渉しあう現象をいいます。

 

ノルアドレナリンやアドレナリンの分泌を介して、心拍数の増加、末梢血管の収縮、汗腺の分泌の増加などを行い、身体の活動性を高め、エネルギーを発散する。

 

交感神経の作用が副交感神経に比べ優位になるのは、痛み・出血などの外傷、精神的なストレスや興奮、脱水・低血糖といった身体ストレスなどである。

 

 

スポンサーリンク

介護の資格

認知症について

認知症について学ぼう!!

老人ホーム探す

介護施設の検索【探しっくす】
認知症の症状とは!?
三大認知症について
家族が認知症になったら!?
認知症のご家族様の接し方
認知症の予防方法
認知症に良い食事とは
認知症に良い運動
認知症に良い生活習慣

ー施設説明ー

介護施設の種類と説明

老人ホーム探す

特別養護老人ホームの説明
介護老人保健施設の説明
デイサービスの説明
ショートステイの説明
グループホームの説明
小規模多機能型施設の説明
有料老人ホームの説明
在宅訪問介護の説明
派遣介護の説明