傾眠(けいみん)

◎傾眠とは

 

意識混濁(いしきこんだく)の軽い状態であり、うとうとしている状態です。

刺激に対して覚醒するものの放置すると再び入眠してしまう。