拒食症(きょしょくしょう)

◎拒食症とは

 

外見上はっきりした動機や理由もなく、食事を拒絶することをいいます。緊張病の一症状である場合や被毒妄想による場合もある。

 

長期間にわたってこの症状が持続すると、極端ば体重減少が生じ、死に至ることもある。

絶食症とは!?