気分循環性障がい

◎気分循環性障がい

 

楽しい、寂しい、悲しいといった感情状態の中には快、不快の感情があり、その感情が交互に現れる。

 

すなわち、病的な抑うつ気分や爽快気分が交互に繰り返し現れます。

 

気分障がいの中で特異的気分障がいに位置づけられています。

 

気分循環障がいとは!?