仮面様顔貌 (かめんようがんぼう)

◎仮面様顔貌とは

 

パーキンソン病やパーキンソン症候群の特徴の一つである無動、寡動(かどう:動きが乏しいこと)が顔の症状として現れたもの。

 

顔貌は目を見開いてまばたきが少なく、表情が乏しい。

 

発語は緩慢(かんまん)な感じであり、かすれて聞き取りにくい。

 

このような顔貌と同時に緩慢な動作や歩行開始困難といった全身の無動、寡動症状もみられる。進行性全身性硬化症において顔面の皮膚の硬化により生じる同様の顔貌についても仮面様顔貌と呼ぶ。

 

仮面様顔貌とは!?