円座クッションが良くない理由(褥瘡)

円座がダメな理由

【円座クッションの注意点】

 

ドーナツ型の円座クッションは除圧目的で使用される事が多いですが、最近はあまり目にしなくなりました。

 

その理由としては、床ずれ(褥瘡)に対して逆効果、悪化させる原因もあると分かったからです。

 

円座クッションの場合、真ん中に穴が開いている為、身体が固定されやすく同じ個所に負荷が掛かりやすくなります。

 

【褥瘡のメカニズム】 

  1. 同一箇所に圧迫する力が加わりやすい。
  2. 血管が圧迫され押しつぶされる。
  3. 圧迫個所周辺の細胞に酸素と栄養がいかなくなる。
  4. 細胞が死滅する。
  5. 細胞が死ぬと菌が繁殖する。
  6. 化膿し、壊死し始める。

 

 

円座クッションでなくても長時間での同じ姿勢・態勢は身体に大きな負担になり避けないといけません。

定期的に身体を休めたり、姿勢を変えるようにしましょう‼

 

 



スポンサーリンク

介護の資格

認知症について

認知症について学ぼう!!

老人ホーム探す

介護施設の検索【探しっくす】
認知症の症状とは!?
三大認知症について
家族が認知症になったら!?
認知症のご家族様の接し方
認知症の予防方法
認知症に良い食事とは
認知症に良い運動
認知症に良い生活習慣

ー施設説明ー

介護施設の種類と説明

老人ホーム探す

特別養護老人ホームの説明
介護老人保健施設の説明
デイサービスの説明
ショートステイの説明
グループホームの説明
小規模多機能型施設の説明
有料老人ホームの説明
在宅訪問介護の説明
派遣介護の説明