喀血(かっけつ)

◎喀血(かっけつ)

 

気管支あるいはハイカラ鮮紅色(せんこうしょく)の泡まつを混ずる血液を喀血することを言います。

 

喀血の多くは空洞を伴う肺結核による事が多い。

処置の方法としては、心身及び局所の安静を図り、鎮静剤及び鎮核剤を投与し、止血あるいは必要に応じて輸血を行います。

喀血について
喀血について