学習遅滞とは

◎学習遅滞(がくしゅうちたい)とは

 

脳の器質的損傷(きしつてきそんしょう)や機能的損傷のほか、脳の部位(ぶい)の発達順序の乱れ等によって生じる精神発達遅滞が原因で、経験の積み重ね、繰り返しによってプラスに進行する行動の学習に支障を来す(きたす)ものをいう。

 

聴覚障がい児には、聴覚を通しての学習機会が与えられないために精神発達の遅滞がみられることがある。

 

※器質:器官の特徴

※器官:生物体の部分

学習遅滞とは


スポンサーリンク

介護の資格

認知症について

認知症について学ぼう!!

老人ホーム探す

介護施設の検索【探しっくす】
認知症の症状とは!?
三大認知症について
家族が認知症になったら!?
認知症のご家族様の接し方
認知症の予防方法
認知症に良い食事とは
認知症に良い運動
認知症に良い生活習慣

ー施設説明ー

介護施設の種類と説明

老人ホーム探す

特別養護老人ホームの説明
介護老人保健施設の説明
デイサービスの説明
ショートステイの説明
グループホームの説明
小規模多機能型施設の説明
有料老人ホームの説明
在宅訪問介護の説明
派遣介護の説明