核家族(かくかぞく)

◎核家族(かくかぞく)とは

 

夫婦と未婚の子からなる家族を基本とし、片親と未婚の子供からなる家族を基本として、片親のみからなるものを含みます。

 

核家族という言語は、アメリカの文化人類学者(ぶんかじんるいがくしゃ)G・Pマードックがその著書「社会構造論」(1949)で初めて用いた。

 

人類社会に常に普遍的(ふへんてき)に存在する基礎単位として捉えている。

 

日本では昭和30年代から急激に「核家族化」が進み、なかでも夫婦のみの世帯、特に60歳以上の世帯数が増加している。

 

 

核家族について
核家族について


スポンサーリンク

介護の資格

認知症について

認知症について学ぼう!!

老人ホーム探す

介護施設の検索【探しっくす】
認知症の症状とは!?
三大認知症について
家族が認知症になったら!?
認知症のご家族様の接し方
認知症の予防方法
認知症に良い食事とは
認知症に良い運動
認知症に良い生活習慣

ー施設説明ー

介護施設の種類と説明

老人ホーム探す

特別養護老人ホームの説明
介護老人保健施設の説明
デイサービスの説明
ショートステイの説明
グループホームの説明
小規模多機能型施設の説明
有料老人ホームの説明
在宅訪問介護の説明
派遣介護の説明