回想法(かいそうほう)

◎回想法とは

 

回想とは、過去に経験したことを思い出す、思い出させる技法です。グループアプローチの言葉では、計画的な時間、回数の会合の中で人生経験を高齢者に話し合わせることで彼らの記憶の回数、日常生活の関心、コミュニケーションを深めることを目的とした技法をいいます。

 

レミニッセンスともいい、リアリティ・オリエンテーション、再動機づけともいいます。