観察法(かんさつほう)

◎観察法とは

 

社会福祉士調査における資料収集方法の一つです。

質問紙による方法、面接による方法と並んで用いられます。

 

介護福祉利用者のニーズを調査するときに用いると有効的です。

 

観察法ではプログラムに参加している参加者の表情、態度、行動などを十分に観察します。そこから参加者の要望、ニーズや意向を読み取ります。

 

独自の観察力が必要ですが、慣れれば質問紙や面接法では得られない、参加者の隠れニーズを知ることができます。



スポンサーリンク

介護の資格

認知症について

認知症について学ぼう!!

老人ホーム探す

介護施設の検索【探しっくす】
認知症の症状とは!?
三大認知症について
家族が認知症になったら!?
認知症のご家族様の接し方
認知症の予防方法
認知症に良い食事とは
認知症に良い運動
認知症に良い生活習慣

ー施設説明ー

介護施設の種類と説明

老人ホーム探す

特別養護老人ホームの説明
介護老人保健施設の説明
デイサービスの説明
ショートステイの説明
グループホームの説明
小規模多機能型施設の説明
有料老人ホームの説明
在宅訪問介護の説明
派遣介護の説明