観察法(かんさつほう)

◎観察法とは

 

社会福祉士調査における資料収集方法の一つです。

質問紙による方法、面接による方法と並んで用いられます。

 

介護福祉利用者のニーズを調査するときに用いると有効的です。

 

観察法ではプログラムに参加している参加者の表情、態度、行動などを十分に観察します。そこから参加者の要望、ニーズや意向を読み取ります。

 

独自の観察力が必要ですが、慣れれば質問紙や面接法では得られない、参加者の隠れニーズを知ることができます。