認知症を予防接種で防げるのか!?

アルツハイマー病のマウスの血管内に治療遺伝子を注射して症状を和らげる実験に、日本の研究チームが世界で初めて成功しました。

 

アルツハイマー病は脳内に「アミロイドβペプチド」というタンパク質が蓄積し神経伝達を阻害することが原因とされています。

 

今回の実験で、このアミロイドβペプチドを分解する作用のある「ネプリライシン」という酵素を生成できる遺伝子とそれを脳内に運ぶことができるウィルスを開発し血管内に注射器で投与した結果、アルツハイマー病のマウスの症状が回復したことが確認されました。

 

研究チームによると、今回の技術をさらに進歩させることで、将来的には認知症の予防接種もできるのでは?と考えているそうで、もし本当にそれが実現できるとすれば、認知症治療に新たな光が差すことになります。

 

-参照ページ-

みんなの介護