小規模福祉施設の防火対策と安全強化

小規模な福祉施設の相次ぐ火災に、利用者にとって安全な住環境となるように強く求める声が各方面から高まっている。

 

先頃発生した長崎市のグループホーム火災の衝撃は大きく、総務省や厚労省からは、スプリンクラー設備の設置義務を課す面積要件の見直しや、設置補助額の増額が検討されるなど、これまでにも増して本腰で取り組む流れが固まりつつある。

 

また、小規模多機能型居宅介護の利用者介護度の重度化や、本来は通所施設として想定されてきたグループホームに、任意の宿泊サービスを付加した新サービスのいわゆ「宿泊付きデイサービス」が全国的にひろがりを見せる中、こうした事業所にもスプリンクラー設備設置義務とすべきではないかという声の高まりを受け、今年度中の政省令改正の検討が進むなど、被害を減らす為のハード面での整備が進もうとしている。防火・防災関連企業も小規模福祉施設向けの製品展開を強化している。

 

参照ページ:シルバー産業新聞


スポンサーリンク

介護の資格

認知症について

認知症について学ぼう!!

老人ホーム探す

介護施設の検索【探しっくす】
認知症の症状とは!?
三大認知症について
家族が認知症になったら!?
認知症のご家族様の接し方
認知症の予防方法
認知症に良い食事とは
認知症に良い運動
認知症に良い生活習慣

ー施設説明ー

介護施設の種類と説明

老人ホーム探す

特別養護老人ホームの説明
介護老人保健施設の説明
デイサービスの説明
ショートステイの説明
グループホームの説明
小規模多機能型施設の説明
有料老人ホームの説明
在宅訪問介護の説明
派遣介護の説明