手浴(しゅよく)

入浴方法

◎手浴(しゅよく)

 

部分浴の一種で、ぬるめの湯に手を入れて温めて、石鹸で洗う。次に湯の温度を少し高くし温める。タオルで水分を拭き取り、ベビーオイルやハンドクリームで肌を整える。

 

最近では、アロマを入れたりし気持ちのリラックスを図る事もある。

手が疲れないようにオーバーテーブルを利用し、手を置いた状態で行う事もある。

ベッド上では温かいタオルで手を拭くことでも効果がある。

 

手先が温まり、爪が柔らかくなってから爪切りをすると良い。