エリザベス救貧法

エリザベス救貧法とは!?

◎エリザベス救貧法

 

イギリス絶対王政期、エリザベス1世の統治のもとで1601年に集大成された貧民の救済等を目的とした立法をいいます。

 

【社会背景】

 

  1. 修道院の解散
  2. 土地追い込み運動
  3. 凶作による貧民の増大があった。

 

【エリザベス救貧法の目的】

 

労働能力のある貧民への就労の強制と労働能力のない貧民に対する扶助、

児童に対する徒弟としての就労の強制等の方策により、貧民を抑圧的に管理することにより社会秩序の維持を目指す目的があった。