アルコール幻覚症

アルコール幻覚症とは

◎アルコール幻覚症

 

アルコール依存症者に生じる幻覚を主症状とする精神病状状態をいう。

幻聴が主であり幻視はまれであるとされている。言動を非難する内容の幻聴が多いとされている。離脱症状の1つである。

 

アルコール依存症とは⇒