廃用症候群(はいようしょうこうぐん)

廃用症候群 専門用語

◎廃用症候群(はいようしょうこうぐん)

  • 加齢による心理的・身体的機能の低下に加えて不活発な生活状態を続けると、使わない事による機能低下。
  • 健康の人でもなりますが、長期入院、高齢(寝たきり、寝かしつけ)に伴い安静・安定による筋力低下や様々な症状の事を指します。
  • 一度落ちてしまった筋肉・関節・臓器機能の回復には時間が掛ります。

 

【廃用症候群によって生じる機能低下、症状の種類】

  • 運動器障害
  • 循環器障害
  • 自立神経障害
  • 精神障害

【運動器障害】

  • 筋力低下・筋萎縮
  • 骨萎縮 (骨折を起こしやすくなっています)
  • 関節拘宿(関節がかたまり可動域が制限されること)
  • 骨粗しょう症
  • 五十肩

 

【循環器障害】

  • 起立性低血圧(起立、起座時の血圧低下による立ちくらみ、気分不快など)
  • 肺炎
  • 浮腫
  • 褥瘡(じょくそう)

【自立神経障害】

  • 尿失禁
  • 便秘(3日排便がない、1日1回排便があっても苦痛を伴うものを便秘と言います)
  • 低体温症

【精神障害】

  • 睡眠障害・不眠
  • 抑うつ症候群(落ち込み、やる気なし、ボーっとする、過去の栄光を探す)
  • 食欲不振・拒食(ご飯を食べても美味しく感じなかったり、食べ過ぎてしまう)

 

スポンサーリンク

介護の資格

認知症について

認知症について学ぼう!!

老人ホーム探す

介護施設の検索【探しっくす】
認知症の症状とは!?
三大認知症について
家族が認知症になったら!?
認知症のご家族様の接し方
認知症の予防方法
認知症に良い食事とは
認知症に良い運動
認知症に良い生活習慣

ー施設説明ー

介護施設の種類と説明

老人ホーム探す

特別養護老人ホームの説明
介護老人保健施設の説明
デイサービスの説明
ショートステイの説明
グループホームの説明
小規模多機能型施設の説明
有料老人ホームの説明
在宅訪問介護の説明
派遣介護の説明