◎認知症という病気に種類はあるの!?

  • 認知症には引き起こす原因によって数十種類あります。
  • そのなかでも「アルツハイマー型認知症」「脳血管性認知症」「レビー小体型認知症」が3大認知症といわれています。

◎認知症を引き起こす病気

  • 脳の細胞が大量に死滅することで認知症はおこります。その原因はひとつだけではありません。
  • 「アルツハイマー型認知症」「脳血管性認知症」「レビー小体型認知症」は3大認知症といわれています。

 

認知症の原因になる主な病気

脳の変性によるもの:アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症

脳血管障害によるもの:血管性認知症

代謝・内分泌性のもの:肝性脳症、低血糖性脳症

感染症のもの:エイズ脳症、脳梅毒(進行麻痺)

外傷性のもの:頭部外傷、ボクサー脳症

その他:脳腫瘍、ビタミン欠症状、アルコール脳症

◎認知症と間違えやすい症状

【うつ病】や【せん妄】

  • 高齢期は喪失体験が多い時期のため「うつ病」になりやすいといえます。「うつ病」により一時的な記憶力や低下、運動機能の低下が認知症と間違われるケースがあります。

 

  • また大きな手術による入院などで急性の脳機能障害が起こり、一時的に幻覚や妄想があらわれる「せん妄」も、認知症と混同されることがあります。

 

  • 脳に過剰な体液(髄液)がたまることで認知症と似た症状がでることもあります。

老人ホーム探しのお手伝い

介護施設の検索【探しっくす】

スポンサーリンク


◎3認知症の特徴

【アルツハイマー型認知症】

  • 1番多いとされている認知症です。
  • 脳内の異常なたんぱく質(アミロイドBたんぱく)がつくられ、脳の細胞の働きが少しずつ失われ死滅していきます。
  • 脳が萎縮し機能全般的に低下していきます。
  • 早期発見が重要で、脳の変化は記憶障害など具体的な症状が出る何円も前から起きているといわれ、徐々に進行していきます。
  • 

【症状・傾向】

  • 女性に多い
  • ゆっくりと進行していく(若年期の発症の場合は進行が比較的に早い)
  • 機能低下は全般的に進む
  • 物忘れの自覚がなくなる
  • 初期には麻痺など神経障害は少ない
  • 人格が変わることがある
  • 診断で脳の萎縮がわかる

【血管性認知症】 

  • 脳梗塞や脳出血など脳血管疾患のために、病気が起きた部分の脳の細胞の働きが失われることで発症します。ほかの認知症よりも画像診断で発見しやすいタイプで、損傷を受けた脳の部分の機能は失われますが、脳全体の機能が低下することが少ない病気です。
  • 片麻痺、嚥下障害、言語障害などが身体症状が多くみられ、脳梗塞の再発を繰り返しながら段階的に進みます。
  • 

 【症状や傾向】

  • 男性に多い
  • 再発の恐れがある
  • 再発のたびに段階的に進行する
  • 機能低下はまだらに起こる
  • 初期には物忘れの自覚がある
  • 片麻痺など神経障害が起こりやすい
  • 人格は比較的保たれる
  • 画像診断で梗塞などの病巣が確認できる

 

【レビー小体型認知症】

  • 脳内に「レビー小体」という特殊な物質が蓄積された結果、脳の細胞が損傷を受けて発症する認知症です。
  • 手足の震え、筋肉の硬直などパーキンソン病に似た症状や、うつ病、物忘れと共に生々しい幻視があらわれるのが特徴です。
  • アルツハイマー型認知症よりも比較的に早く進行していきます。
  • 

 

【症状や傾向】

  • 男性に多い
  • なだらかに症状が進行する
  • 機能低下は全般的に進む
  • 初期には物忘れの自覚がある
  • 筋肉の硬直などが起こりやすい
  • 生々しい幻視が現れる
  • 被害妄想が起こりやすい
  • 人格は比較的保たれる
  • 画像診断では脳の萎縮が軽い

老人ホーム探しのお手伝い

介護施設の検索【探しっくす】

スポンサーリンク


スポンサーリンク

介護の資格

認知症について

認知症について学ぼう!!

老人ホーム探す

介護施設の検索【探しっくす】
認知症の症状とは!?
三大認知症について
家族が認知症になったら!?
認知症のご家族様の接し方
認知症の予防方法
認知症に良い食事とは
認知症に良い運動
認知症に良い生活習慣

ー施設説明ー

介護施設の種類と説明

老人ホーム探す

特別養護老人ホームの説明
介護老人保健施設の説明
デイサービスの説明
ショートステイの説明
グループホームの説明
小規模多機能型施設の説明
有料老人ホームの説明
在宅訪問介護の説明
派遣介護の説明