◎職員によってケアの教え方が違うのはなぜですか!?

  • 実習生さん新人介護士さんに多い悩みで、教えてくれる先輩介護士によってケアの手順や大切にしているポイントが違く悩む方がいらっしゃいます。

 

  • 介護する側の身長・体形や負担のないケアをする際に、介護者にあったケアを行う場合もあり異なる事はあります。しかし、ここで注意しないといけない事は「ケアの基礎基本の統一」は同じにしないといけません。
  • 

 

◎ケアの基礎基本の統一とは

【食事介助の基礎基本】

  • 例えば、食事介助の際には沢山の留意点(気をつけないといけない点)の中でも、初歩的な基礎基本があります。
  • まずは口の中を確認し、水分摂取を行ってから食事ケアに入っていかないといけません。
  • 口の中に異物や乾いている状態で、固形物から介助を行えば、食べ物が詰まり亡くなる場合もあります。

【入浴介助の基礎基本】

  • 入浴介助の際には気をつけないといけない点、統一しないといけない点が多いので、その中のひとつを説明させて頂きます。

 

  • 入浴介助の際には、足元から心臓に向かってゆっくりお湯を掛けないといけません。それを一番初めに心臓に向かってお湯をかければ、心臓発作を起こす可能性もあります。

◎ケア統一はチーム力を上げる鍵です!!

  • やはり良くない施設の特徴のなかに、基礎基本のケアがバラバラ、個々がどんなケアをしているのか分からない現場では怪我や事故が多いのが実態です。

 

  • 進んでいるケアの特長には、基礎基本の統一はもちろんの事、お互いのケアの「見える化」、人に教える際の教え方の統一が出来ており「お互いが分かるケア・誰が見ても安心できるケア」を行っています。
  • 

 

【ケアの統一の良いポイント】

  • ケア統一の大切さ(個々がバラバラなケアをしていると、その日の人員によってケアの質が良かったり悪かったりします。)

  

  • 共通意識の統一(同じ目的意識を持つことで、職員同士の連携・チーム力が上がります。)

 

  • 介護の見える化(介護の世界は外から見たら、なかで何が行われているか分からない事が多いです。利用者の方と介護者のマンツーマンケアの中で、問題が起きた時もなかなか発見されにくい現状が良くありません。ケアの統一をする事で、介護者同士のケアの共有もできるようになります。)

スポンサーリンク

介護の資格

認知症について

認知症について学ぼう!!

老人ホーム探す

介護施設の検索【探しっくす】
認知症の症状とは!?
三大認知症について
家族が認知症になったら!?
認知症のご家族様の接し方
認知症の予防方法
認知症に良い食事とは
認知症に良い運動
認知症に良い生活習慣

ー施設説明ー

介護施設の種類と説明

老人ホーム探す

特別養護老人ホームの説明
介護老人保健施設の説明
デイサービスの説明
ショートステイの説明
グループホームの説明
小規模多機能型施設の説明
有料老人ホームの説明
在宅訪問介護の説明
派遣介護の説明