◎利用者の方のセクハラに悩んでいます!?

セクハラについて軽視していませんか!?

【軽視してはいけない高齢者のセクハラ問題】

 

◎女性介護者が受ける事の多い問題の1つに利用者の方のセクハラがあります。言葉でのセクハラだけでなく、実際に触られたり・見せられて傷つき辞めていく人もいます。

 

◎でわ!?どのような対応が良くて、どのような環境作りが必要なのか考えないといけません。

◎現場で起こるセクハラについて

現場で起こるセクハラについて

【言葉のセクハラ】

  • 大きな声で女性性器、男性性器について叫んだり触らせて欲しいなど訴えかけてきたりします。

 

【見せつけ行為】

  • トイレ介助中、入浴介助中、または突然陰部を出して見せ付けたりする行為のことです。

 

【ボディタッチ】

  • 介助中に突然、介護者の胸やお尻を触ってきたりする行為があります。

◎原因と解明

セクハラの解決方法とは!?

◎利用者の方の心理面、性的欲求の原因、過去の生活歴など様々な角度からリサーチしアプローチする必要があります。

 

  1. 早くに奥さんを亡くした淋しさからくる欲求
  2. 警察官・社長・先生など真面目で堅い職業についてた反動
  3. 若い時に仕事一筋で、遊んでこなかった為の反動
  4. 介護者にちょっかいを出している内に、エスカレートしてしまうパターン
  5. 認知症など関係なく、普通に欲求が強い人
  6. トイレに行きたく陰部を出してしまう行為
  7. 利用者の方の身体機能が上手く働かず、ただ当たってしまう場合などがあります。

最大6万円のお祝い金を贈呈!

スポンサーリンク


◎介護者は1人で悩まずに必ず相談して下さい!!

1人で悩まないで相談しましょう‼

【1人で抱え込むのが1番良くありません】

  • ショックで誰にも言えなかった。
  • 利用者の方、家族が知ったら傷つくと思って言えなかった。
  • 恥ずかしくて、どうすれば良いか分からなかった。

 

【大切なのはチームで共有すること!!】

 

1.新人介護士の多くが誰にも相談しないで自己判断、自己決定をしてしまう事が1番良くありません。触られて恥ずかしい・ショックを受けたかもしれませんが、今後の対応を間違えれば問題が大きくなるだけで解決しません。

 

2.介護は1人で出来るような簡単な職業ではありません。

どんな小さな問題でも「報告・連絡・相談」を行い、仲間・チームで問題解決していく必要があります。そこで相談もせずに間違ったケア方法をすれば、介護者も利用者の方もご家族様も負担になり、事故事件へ発展していく可能性もあります。

◎セクハラ利用者の方の対応方法

セクハラの対応方法

◎今回、紹介する対応方法が必ずしも正解だと限りません。

例としていくつか上げておきますので、必ず利用者の方の状態・状況を確認のうえ話し合いの元、声かけ・対応をするようにして下さい。

 

 

【わざとセクハラをしてくる利用者の方の場合】

  • 軽度の認知症または理解してセクハラをしてくる方の場合は、はっきりと「止めて下さい」「嫌なので男性介護士さんに言いますよ」と伝える事も大切です。
  • 

【声かけの工夫】

  • 「奥さんに言いますよ」「○○職員呼んできましょうか」などの、その利用者の方が苦手としているワーカーさんの名前を言うのもありです。
  • 

【男性なら男性、女性なら女性の同性対応】

  • スタッフの人数、人員配置にもよると思いますが、あまりにも同じ利用者の方のセクハラが酷い場合は、同性同士の介護対応が必要になります。

 

【個別対応・環境の改善】

  • 他の利用者の方がいる場合、大きな声で隠語を言う利用者の方がいます。そういう方の場合、他の利用者の方も嫌な気持ちになり気持ちが不安定になる事があります。なるべく個別対応を心がけ、息抜きの時間や気分転換の時間を作り、外の空気を吸ってもらったり、話題をそらすような対応が必要になってきます。

 

 

◎やってはいけない対応

やってはいけないセクハラ対応

【これは良くない対応です】

※もちろんセクハラ行為は良い事ではありません、しかし職員の間違った対応で利用者の方の心を傷つけたり、孤立させるような状況に持っていったり、いじめている(虐待)をしてはいけません。

 

  • 手を叩いたり・必要以上に怒鳴り散らしたりしてはいけません。
  • 他の利用者の方を巻き込むような対応はしてはいけません。(○○さんは変態じいさんだからなど)
  • 可哀想だから触らせる。
  • 遊び半分にわざと触らせる。
  • おもしろ半分に隠語を言わせる。

必ず嫌な理由を説明し対応する事が大切です。

 

スポンサーリンク

あなたに合った転職先をアドバイス!


スポンサーリンク

介護・福祉・仕事

介護の資格

医療事務、介護福祉士、ホームヘルパーの資格を取るならケア資格ナビ

認知症について

認知症について学ぼう!!

老人ホーム探す

介護施設の検索【探しっくす】
認知症の症状とは!?
三大認知症について
家族が認知症になったら!?
認知症のご家族様の接し方
認知症の予防方法
認知症に良い食事とは
認知症に良い運動
認知症に良い生活習慣

ー施設説明ー

介護施設の種類と説明

老人ホーム探す

介護施設の検索【探しっくす】
特別養護老人ホームの説明
介護老人保健施設の説明
デイサービスの説明
ショートステイの説明
グループホームの説明
小規模多機能型施設の説明
有料老人ホームの説明
在宅訪問介護の説明
派遣介護の説明