◎口腔ケアの必要性と大切さ

口腔ケアの大切さ
口腔ケアの大切さ

1人1人違う口腔ケアの大切さ

【1人1人違う口腔ケアの大切さ】

 

  • ご利用者様によって、介護の日常生活の支え方やケアの仕方も1人1人違い様々です。 それは口腔ケアでも同じ事がいえます。

 

  • ご利用者様によって、口腔内の状態も異なるので磨き方や義歯の有無なども確認しないといけません‼

介護職員初任者研修

スポンサーリンク


歯科医師、歯科衛生士との連携と協力

  • 口腔ケアを軽視する介護士が多いですが、歯は健康の土台です‼
  • 口の中の健康を保つ事も日常生活に携わっている介護士業務の一つとも言えます。
  • 歯科衛生士と連携を行い、利用者様に合った口腔ケアを学ぶ事が大切です。

 

 

口腔ケアをしない危険性

1.食後の口腔ケアを行わい現場では、事件事故が多発しています。 口の中に残差物や義歯が残った状態で、ベッド上に臥床させてしまうと詰まってしまい窒息死するケースも出てきています。

 

2.食後の口腔ケアを行う事で口の中の残差物の確認、義歯を取ることで詰まり防止、ストレスの軽減にも繋がっていきます。

 

3.義歯を洗浄する際は、歯磨き粉を使わないようにしましょう。

歯磨き粉で磨いてしまうと、入れ歯に細かい傷が付いてしまい、そこから細菌が繁殖してしまいます。入れ歯洗浄剤を使いケアをするのが良いです。

 

口腔ケアで肺炎・認知症予防

【口腔ケアの大切さ】

  • 口の中の健康の保持
  • 口の清潔を保つ
  • 口臭衛生の予防
  • 肺炎予防
  • 認知症の予防と効果

 

☆歯は健康の土台だとも言われています。

日本人の長寿の方の多くが、義歯ではなく自分の歯が残っている方が多いです。

80歳になっても健康な20本の歯を保ち続けましょうと日本では「8020運動(はちまるにいまる運動)」が盛んに推奨されています。

 

自分の歯で物を食べた時と、義歯を装着して食べた時には「味の感じ方」「食感」「栄養吸収のされ方」なども大きく異なると言われています。

 

歯の健康を守るのに大切なのが「口腔ケア」「予防歯科」だと言えます‼!

 

口の中の細菌を減らす事で、細菌による細菌性肺炎の確立も下げてくれます。

それだけでなく、口腔内のストレスは脳にも伝わってしまい認知症の発症率を上げるとも言われています。

 

歯磨きを行う事で口の体操・マッサージ効果にもなり、適度に脳に刺激がいき認知症予防にも繋がっていきます。

 

 

介護士さんへ

【一日三回行う口腔ケアは大変‼】

 

介護士さんも食後の度に口腔ケアを行い、臥床したと思えばすぐに起きて頂き、食事をしてまた口腔ケアで大変で面倒だと思っている方も多いのではないでしょうか!?

 

しかし、口腔ケアも大切な日常生活動作の一部であり、欠かせない健康や命を守るケアの一つとも言えます。

 

日本人の場合は「虫歯になってから歯医者へ」と思っている人が多いですが、歯科、介護、教育が進んでいる国では子供の時から「虫歯になる前に予防しよう」と「予防歯科」や「定期健診」が一般とされています。

 

それだけ「口の中の健康」が重要視されています。

日本人の8割が歯周病者だと言える原因が良く理解できます。

 

最後に言えるのが、口腔ケアを軽視している介護士の多くが自分の歯の健康を考えていなかったり、口腔ケアをしていない人が多いです。

 

介護者が普段していない生活習慣や想像できない介護ケアでは問題も多く、事故に繋がっているケースが多いので歯科医師、歯科衛生士と連携、協力を行い人生の最期まで自分の歯で、自分の口から美味しい物が食べれるような働きをしていきましょう‼

歯は健康の土台

介護職員初任者研修

スポンサーリンク


スポンサーリンク

介護の資格

認知症について

認知症について学ぼう!!

老人ホーム探す

介護施設の検索【探しっくす】
認知症の症状とは!?
三大認知症について
家族が認知症になったら!?
認知症のご家族様の接し方
認知症の予防方法
認知症に良い食事とは
認知症に良い運動
認知症に良い生活習慣

ー施設説明ー

介護施設の種類と説明

老人ホーム探す

特別養護老人ホームの説明
介護老人保健施設の説明
デイサービスの説明
ショートステイの説明
グループホームの説明
小規模多機能型施設の説明
有料老人ホームの説明
在宅訪問介護の説明
派遣介護の説明