ベット上での介助の注意点

ベット上の注意点
ベット上の注意点

【ファーラー位】

  • 半座位ともいわれ、上半身を約45℃起こした体位である。ファーラー位を保つには、背部にバックレストを用いたり、ギャッチベットを使う。さらに頭部や体側、腕の下などに枕を入れて安楽を保ちましょう。

 

  • 食事の際や食後、面会時などはファーラー位を取ることが多い。

 

【セミファーラー位】

 

  • 仰向けに寝た状態(臥床)のままで、頭部を枕などで20~30センチ上げた体位のことをいいます。
  • 口腔ケアの際などに使われます。

【ギャッチアップ・ベッド】

 

  • ベッドの上半分あるいは下半分を手動または電動で上げ下げすることをいいます。

手足の巻き込み注意

☆ギャッチアップによりベッド上でご利用者様の体位を動かす際は、必ず手足が見えるようにし、手足が柵など挟まっていないか確認をしたうえで動かしましょう‼

 

☆手足の確認をしないでギャッチアップしたことで、骨折させてしまう事件が起きています。必ず布団の中の手足の確認を行ってから、ギャッチアップしましょう。

姿勢の確認

☆ベッド上で食事する際は、姿勢を正しく保ち、ずり落ちしないようにしましょう。

 

☆手足が疲れやすいので、手足の下にクッションやマットを置き安楽の姿勢を保ちましょう。

 

☆食後はすぐにベッドを倒すと、食べた物が逆流してしまった際に窒息死する恐れがあります。落ち着くまでは頭の高さを変えず、ベッドの状態を変えないようにしましょう。

条件で仕事を選ぶ【登録無料、資料請求無料】



スポンサーリンク

介護の資格

認知症について

認知症について学ぼう!!

老人ホーム探す

介護施設の検索【探しっくす】
認知症の症状とは!?
三大認知症について
家族が認知症になったら!?
認知症のご家族様の接し方
認知症の予防方法
認知症に良い食事とは
認知症に良い運動
認知症に良い生活習慣

ー施設説明ー

介護施設の種類と説明

老人ホーム探す

特別養護老人ホームの説明
介護老人保健施設の説明
デイサービスの説明
ショートステイの説明
グループホームの説明
小規模多機能型施設の説明
有料老人ホームの説明
在宅訪問介護の説明
派遣介護の説明