◎ベットメイキング

【介護実習や介護現場の基礎基本であるベットメイキング】

準備する物・必要な物

  • 枕カバー
  • シーツ
  • 防水シーツ
  • 布団カバーなど

始める前の準備・確認

  1. 枕カバー・シーツなどが洗われており、清潔で綺麗なのか確認をする。
  2. 枕カバー・シーツなどの大きさは適切か確認する。
  3. 交換の前にベットなのか布団なの確認をする。
  4. ご利用者様がいる状態での交換なのか居ない状態での交換か確認をする。
  5. 交換をする際には、ホコリが立つので換気が行えるか確認しましょう。

ベットメイキングの目的と注意点

【目的】

ベットメイキングでは快適な睡眠・身体を休めるのに大切な環境を作るのに必要な作業の1つになります。

 

【注意点】

汚れている状態では身体にも大きな悪影響を及ぼします。

病気になりやすくなるだけでなく、シーツ・枕カバーにしわがあるだけでも褥瘡(床ずれ)の原因になるので、正しいベットメイキングを学ぶ事は介護・医療従事者にとっては必要不可欠な作業になります。

現場・施設によって異なる交換方法

◎介護施設・現場によっては交換方法・シーツの種類などが異なってきます。

 

昔のような1枚の布ではなく、ワンタッチで付けられるゴムの付いているシーツも増えています。時間短縮の為、簡単に交換できるような商品も出ています。

 

その他には、ベットの両端を三角折り、四角折りの主流的な方法ではなく、ベットの裏で縛り交換する方法もあります。

 

最近では色々な寝具用品も出ていますが、ここで気を付けないといけないのが、ベットメイキングの基礎基本は同じであり、汚れやしわが出るような交換方法は絶対にしてはいけません。

 

まずは下記の動画のような「ベットメイキング」を覚えましょう!!

最後の確認作業をしましょう!!

交換が終わったら、終わりではありません!!

換気はできているか、ゴミが落ちていないか、手すり、ベット周りが綺麗か確認をしましょう。

 

ご利用者の方やご家族様に確認して頂く事も大切で、確認できる場合は確認しましょう。   ご利用者様の個人の毛布や私物を適切な位置に戻し、使いやすい環境にする事も大切です。

 

ベットメイキングでは定期的な交換はもちろんの事、汚れたらすぐに交換できるような準備も普段からしておきましょう。

介護お役立ち情報

腰を痛めない介護1
腰を痛めない介護1
腰を痛めない介護2
腰を痛めない介護2
腰を痛めない介護3
腰を痛めない介護3

条件で仕事を選ぶ【登録無料、資料請求無料】



スポンサーリンク

介護の資格

認知症について

認知症について学ぼう!!

老人ホーム探す

介護施設の検索【探しっくす】
認知症の症状とは!?
三大認知症について
家族が認知症になったら!?
認知症のご家族様の接し方
認知症の予防方法
認知症に良い食事とは
認知症に良い運動
認知症に良い生活習慣

ー施設説明ー

介護施設の種類と説明

老人ホーム探す

特別養護老人ホームの説明
介護老人保健施設の説明
デイサービスの説明
ショートステイの説明
グループホームの説明
小規模多機能型施設の説明
有料老人ホームの説明
在宅訪問介護の説明
派遣介護の説明