◎福祉に関係のある民間資格一覧

民間資格
介護・福祉の資格

  • サービス介助士
  • 手話技能検定
  • 全国手話検定試験
  • 音楽療法士
  • 視覚障がい者生活訓練等指導員
  • 医療事務 
  • 認知症ケア専門士

 

 

  • 医療福祉環境アドバイザー
  • 介護予防運動スペシャリスト
  • 福祉レクリエーションワーカー
  • アロマセラピスト
  • 福祉用具プランナー 
  • 福祉住環境コーディネーター
  • 介護予防運動指導員

 


◎サービス介助士

  • 比較的に元気な高齢者・障がい者のある方を、お客様としてお迎えする際のお手伝いを目的としています。
  • ショッピングモールなどのサービス業、行政体、福祉関連団体、鉄道、航空、バス等の運輸業などで活躍の場を期待されています。

◎手話技能検定

  • 手話でのコミュニケーション技能を問うための検定試験である。
  • 1級、準1級、2級、準2級、3級~7級までの9段階ある。

◎全国手話検定試験

  • 手話でのコミュニケーション能力を問う為の検定試験である。
  • 1級、準1級、2級~5級まである。

◎音楽療法士

  • 音楽の持っている性質を活かし心身の障がいの緩和・機能改善を目的としています。
  • 認知症高齢者、精神障がい者の方や、自閉症児の子などに対して音楽を聴かせたり歌を歌う事でコミュニケーションを図り、リハビリやセラピーなどを行います。

◎視覚障がい者生活訓練等指導員

  • 視覚障がいリハビリステーション関係の施設で視覚障がい者の生活訓練を等を行う指導員です。

◎医療事務

  • 医療関係における事務業務。外来受付・治療費の会計・レセプトの作成・カルテ管理などを行う。
  • レセプトとは診療報酬請求明細書の通称の事。病院・診療所が医療費の保険負担分の支払いを公的機関に請求するために発行する。

◎認知症ケア専門士

  • 認知症ケアの技術・倫理観の向上を目的とした資格。
  • 認知症高齢者に対しての正しい知識、対応、声かけ方法などを学びます。

◎医療福祉環境アドバイザー

  • 感染予防、メンタルケアの基本的な知識を身に付け。利用者の方、患者さん、職員が安心できる環境作りをアドバイスします。
  • 施設・病院以外でも公共機関、一般家庭においても感染症予防が大切で必要とされている資格です。

◎介護予防運動スペシャリスト

  • 要介護運動のスペシャリストを目指す資格。
  • 高齢者の方や障がい者の方に対して、要介護予防の運動指導を行い身体機能の維持・向上を図ります。
  • 財団法人日本スポーツクラブ協会が認定している。

◎福祉レクリエーションワーカー

  • 高齢者の方や障がい者の方に寄り添い、本人にあったレクリエーションの提供・実施を行います。
  • レクリエーションを通し自尊心を保ち、喜びを感じて頂く事により心身のリラックス、やる気などを起させるような働きかけをします。

◎アロマセラピスト

  • 医療福祉の分野でも香りによる癒しの効果が注目されており、人気の資格です。
  • 植物から抽出したエッセンシャルオイルの香りの効果を用いて、リラクゼーションや自然治癒力の向上などの効果目的があります。
  • 安全に使用できる為の正しい知識が必要となります。

◎福祉用具プランナー

  • 高齢者の方や障がい者の方の福祉用具の選定や使用方法などを指導していきます。
  • 福祉用具専門員と業務内容は似ています。
  • 大きな違いは講習条件・カリキュラムの違いがあります。

◎福祉住環境コーディネーター

  • 高齢者・障がい者の方に対して住みやすい住環境の整備を目的としている。
  • 利用者の方、ご家族様の立場にたち住環境整備を円滑にする役割がある。

介護・医療・福祉の資格を取る【資料請求無料】


スポンサーリンク

介護・福祉・仕事

介護の資格

医療事務、介護福祉士、ホームヘルパーの資格を取るならケア資格ナビ

認知症について

認知症について学ぼう!!

老人ホーム探す

介護施設の検索【探しっくす】
認知症の症状とは!?
三大認知症について
家族が認知症になったら!?
認知症のご家族様の接し方
認知症の予防方法
認知症に良い食事とは
認知症に良い運動
認知症に良い生活習慣

ー施設説明ー

介護施設の種類と説明

老人ホーム探す

介護施設の検索【探しっくす】
特別養護老人ホームの説明
介護老人保健施設の説明
デイサービスの説明
ショートステイの説明
グループホームの説明
小規模多機能型施設の説明
有料老人ホームの説明
在宅訪問介護の説明
派遣介護の説明