◎言語聴覚士(ST)

言語聴覚士とは(ST)
国家資格一覧

【言語聴覚士とは】【speech therapist:ST】

◎言語聴覚士法に定められた国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けた者で、音声機能、言語機能又は聴覚に障がいのある者の機能の維持向上を図るため、言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行うことを業とする者をいう。

 

※名称独占

 

◎かんたん資格説明

  • 「コミュニケーション」「食事」に障がいのある方のリハビリを行ったり、

   自立や社会復帰をサポートするお仕事です。

  • 「病気」や「高齢」「先天性」の障がい、病気、機能低下により食事の際に、うまく飲み込めなかったり「嚥下障害」の緩和など行います。

◎資格取得方法

  1. 高校卒業後、文部科学大臣が指定する大学(4年制・3年制短大)
  2. 厚生労働大臣が指定する言語聴覚士養成所(3年ないし4年制の専修学校)に入学し、必要な知識と技能を修得し、卒業する必要があります。
  3. 一般の4年制大学を卒業した場合は、専修学校(2年制)で必要な知識と技能を修得する必要があります。
  4. 外国の大学などで言語聴覚士に関する学業を修めた場合は、厚生労働大臣の審査・認定を受けることで受験資格が得られます。

◎試験科目

  • 基礎医学・臨床医学・臨床歯科医学・(音声・言語・聴覚医学)・心理学・(音声・言語学)・(社会福祉・教育・言語聴覚障がい学総論・(失語・高次脳機能障害学)・言語発達障がい学・(発声発後・嚥下障害学)・聴覚障がい学

◎実習

【主な実習先】

  • 病院、老人福祉保健施設、障がい者施設、小児施設等など

  

【実習期間・回数】  

  1. 見学実習
  2. 評価実習
  3. 学内実習
  4. 臨床実習 (1ヶ月~)
  5. 聴覚検査実習 

  ※学校によって実習内容・期間・回数は異なります。

◎学費

  • 学校に通いながら資格を取る場合、学ぶ場所によって費用が変わってきます。大学または専門学校で資格を取る場合、1年で約100万~200万くらい掛かります。学校に通いながら専門知識の基礎基本を学ぶのが主流であり、現場でも対応できる人材になります。

全国のスクール資料一括請求【全て無料】

条件で介護の仕事を選ぶ【登録無料、資料請求無料】



スポンサーリンク

介護・福祉・仕事

介護の資格

医療事務、介護福祉士、ホームヘルパーの資格を取るならケア資格ナビ

認知症について

認知症について学ぼう!!

老人ホーム探す

介護施設の検索【探しっくす】
認知症の症状とは!?
三大認知症について
家族が認知症になったら!?
認知症のご家族様の接し方
認知症の予防方法
認知症に良い食事とは
認知症に良い運動
認知症に良い生活習慣

ー施設説明ー

介護施設の種類と説明

老人ホーム探す

介護施設の検索【探しっくす】
特別養護老人ホームの説明
介護老人保健施設の説明
デイサービスの説明
ショートステイの説明
グループホームの説明
小規模多機能型施設の説明
有料老人ホームの説明
在宅訪問介護の説明
派遣介護の説明