◎精神保健福祉士

精神保健福祉士とは
国家資格一覧

【精神保健福祉士とは】

◎精神福祉士法に基づく国家試験。精神障がい者の保健及び福祉に関する専門的知識と技術をもって、精神障がい者の社会復帰に関する相談に応じ、助言、指導、日常生活への適応のために必要な訓練その他の援助を行う業とする者で、精神保健福祉士登録簿に登録された者を言う。

◎かんたん資格説明

  • 精神障がいのある方またそのご家族様の相談業務。
  • 社会復帰ができるように助言、指導のお手伝いをします。
  • 日常生活への適応に必要な訓練、関係機関との調整、パイプ役です。
  • 総合病院の福祉相談室の訪問、情報交換などの営業周りなどもあります。

◎資格取得方法

【福祉系大学の場合】

①保健福祉系大学等(4年)指定科目履修⇒国家試験

②保健福祉系大学等(4年)基礎科目履修⇒短期養成施設等(6ヶ月)⇒国家試験

 

【福祉系短期大学の場合】

③保健福祉系短期大学等(3年)指定科目履修⇒相談援助実務1年⇒国家試験

④保健福祉系短期大学等(2年)指定科目履修⇒相談援助実務2年⇒国家試験

⑤保健福祉系短期大学等(3年)基礎科目履修⇒相談援助実務1年⇒短期養成施設等(6ヶ月)⇒国家試験

⑥保健福祉系短期大学等(2年)基礎科目履修⇒相談援助実務2年⇒短期養成施設等(6ヶ月)⇒国家試験

【一般大学等】

⑦一般系大学等(4年)一般養成施設⇒国家試験

⑧一般系大学等(3年)相談援助実務1年⇒一般養成施設⇒国家試験

⑨一般系大学等(2年)相談援助実務2年⇒一般養成施設⇒国家試験

【その他】

⑩社会福祉士⇒短期養成施設等(6ヶ月)⇒国家試験

⑪相談援助実務4年⇒一般養成施設⇒国家試験

 

◎実習

【主な実習先】

  • 精神病院、病院、知的障がい者更生施設、障がい者施設、介護施設、福祉事務所、教育機関など

◎試験科目

【指定科目】

  • 精神医学
  • 精神保健学
  • 精神科リハビリステーション学
  • 精神保健福祉援助技術総論
  • 精神保健福祉援助技術各論
  • 精神保健福祉援助演習
  • 精神保健福祉援助実習
  • 医学一般
  • 心理学、社会学、法学のうち1科目

【基礎科目】

  • 社会福祉原論
  • 社会保障論、公的扶助論、地域福祉論のうち1科目
  • 精神保健福祉援助技術総論
  • 医学一般
  • 心理学、社会学、法学のうち1科目

※指定科目:12科目

※基礎科目:5科目

◎費用

  • 働きながら資格を取る場合や学校に通いながら資格を取る場合、学ぶ場所によって費用が変わってきます。1年で約80万~150万くらい掛かります。学校に通いながら専門知識の基礎基本を学ぶのが主流であり、現場でも対応できる人材になります。

全国のスクール資料一括請求【全て無料】

自分に合った条件で仕事を選ぶ【登録無料、資料請求無料】



スポンサーリンク

介護・福祉・仕事

介護の資格

医療事務、介護福祉士、ホームヘルパーの資格を取るならケア資格ナビ

認知症について

認知症について学ぼう!!

老人ホーム探す

介護施設の検索【探しっくす】
認知症の症状とは!?
三大認知症について
家族が認知症になったら!?
認知症のご家族様の接し方
認知症の予防方法
認知症に良い食事とは
認知症に良い運動
認知症に良い生活習慣

ー施設説明ー

介護施設の種類と説明

老人ホーム探す

介護施設の検索【探しっくす】
特別養護老人ホームの説明
介護老人保健施設の説明
デイサービスの説明
ショートステイの説明
グループホームの説明
小規模多機能型施設の説明
有料老人ホームの説明
在宅訪問介護の説明
派遣介護の説明