◎管理栄養士

管理栄養士
国家資格一覧

【管理栄養士とは】

栄養士法に定められた資格。名称独占資格の一つであり、管理栄養士国家試験に合格し取得する。医療系国家資格ので唯一、法令で守秘義務が定められていない。

 

※栄養士とは異なります。

◎かんたん資格説明

  • 病院・介護施設、学校などの栄養指導・献立作りなどを行います。
  • 食品メーカーなどでは、新商品、料理の試作、カタログ料理を作ったりします。
  • 保健所などでは離乳食の相談、講座、市民への健康に関する講師など。
  • 給食会社(委託給食会社)学校、施設の食材管理、コスト管理、管理栄養士の派遣などがあります。
  • 特定保健指導、食生活、喫煙、生活習慣を把握、対応、長期の食事指導などしていく業務。場合によっては訪問指導を行う事もある。

 

◎資格取得方法

【管理栄養士】

  1. 栄養士免許を得た後に一定期間栄養の指導に従事した者(栄養士養成施設の在学期間+実務経験の合計5年必要である)
  2. または管理栄養士養成施設を修了して栄養士免許を得た物が、4年制の大学や専門学校。実務経験不要となるため、4年生の時に栄養士免許及び管理栄養士国家試験受験資格の両資格取得見込み扱いで即受験可能)が、厚生労働省の実施する国家試験に合格する必要がある。

 

【栄養士】

  1. 栄養士養成施設(2年制、3年制、4年制がある)大学、短期大学、専門学校において2年以上栄養士として必要な知識及び技能を修得した者に対して、都道府県が与える公的資格である。

◎試験科目

  • 社会・環境と健康・人体の構造と機能及び疾病の成り立ち・食べ物と健康・基礎栄養学・応用栄養学・栄養教育論・臨床栄養学・公衆栄養学・給食経営管理論
  • 応用力試験

◎実習

【主な実習先】

  • 学校
  • 幼稚園
  • 病院
  • 特別養護老人ホーム
  • 老人福祉保健施設
  • 障がい施設

事業所実習・保健所実習・病院実習など数日から数週間を分けて実習を行ったりします。

※学校によって実習内容・期間・回数は異なります。

 

◎学費

  • 学校に通いながら資格を取る場合、学ぶ場所によって費用が変わってきます。大学または専門学校で資格を取る場合、1年で約80万~150万くらい掛かります。学校に通いながら専門知識の基礎基本を学ぶのが主流であり、現場でも対応できる人材になります。

全国のスクール資料一括請求【全て無料】

条件で介護の仕事を選ぶ【登録無料、資料請求無料】



スポンサーリンク

介護の資格

認知症について

認知症について学ぼう!!

老人ホーム探す

介護施設の検索【探しっくす】
認知症の症状とは!?
三大認知症について
家族が認知症になったら!?
認知症のご家族様の接し方
認知症の予防方法
認知症に良い食事とは
認知症に良い運動
認知症に良い生活習慣

ー施設説明ー

介護施設の種類と説明

老人ホーム探す

特別養護老人ホームの説明
介護老人保健施設の説明
デイサービスの説明
ショートステイの説明
グループホームの説明
小規模多機能型施設の説明
有料老人ホームの説明
在宅訪問介護の説明
派遣介護の説明