◎理学療法士(PT)

理学療法士(PT)
国家資格一覧

【理学療法士とは】【physical therapist;PT】

◎理学療法士及び作業療法士法に定められた国家資格に合格し、厚生労働大臣の免許を受けた者で、医師の指示の下に、理学療法を行うことを業とする者。

 

【理学療法とは】 

◎身体に障がいのある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため治療体操その他の運動を行わせ、及び電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えることをいう。運動療法や日常生活活動訓練が主に用いられており、温熱、電気刺激等を加える物理療法は血液循環をよくしたり、疼痛を和らげるために用いられることが多い。

 

◎かんたん資格説明

  • 病気、事故、高齢、障がいに伴い、利用者の方のリハビリを目的としています。
  • 医師の指導・指示の元、患者、利用者さんに合ったプログラムで関節の動きを良くしたり、筋力を付けたり、姿勢の矯正を行ったり、歩行訓練などを行ったりします。
  • 運動療法、電気療法、物理療法など行います。

◎資格取得方法

  1. 養成学校で3年以上学ぶ必要がります。
  2. 大学(4年制)、短期大学(3年制)、専門学校(3年制、4年制)
  3. 特別支援学校(視覚障がい者対象)
  4. すでに作業療法士の資格を持っている人は、養成校(文部科学大指定校、厚生労働大臣指定校)で2年以上学べば受験資格が得られます。

◎試験科目

【一般問題】

・解剖学・生理学・運動学・病理学概論・臨床心理学・リハビリテーション医学・臨床医学大要(人間発達学を含む)及び理学療法。

 

【実地問題】

・運動学・臨床心理学・リハビリテーション医学・臨床医学大要(人間発達学を含む)及び理学療法。

 

※点字試験受験者に対して、実地問題に代えて科目について行う。

  1. 運動学
  2. 臨床心理学
  3. リハビリテーション医学
  4. 臨床医学大要(人間発達学を含む)及び理学療法。

◎実習

【主な実習先】

  • 病院、特別養護老人ホーム、老人福祉保健施設、障がい者施設、小児施設等

  (整形外科メインだったり、脳血管障害がメインだったりする)

 

【実習期間・回数】

◎4~6回の実習があります。

  1. 見学実習(1週間程度)
  2. 評価実習(4週間程度)
  3. 検査測定実習(2週間:検査技術の実習)
  4. 臨床実習1回目(8週間程度)
  5. 老健実習(2週間:施設体験)
  6. 臨床実習2回目(8週間程度)

  ※学校によって実習内容・期間・回数は異なります。

◎学費

  • 学校に通いながら資格を取る場合、学ぶ場所によって費用が変わってきます。大学または専門学校で資格を取る場合、約150万~200万くらい掛かります。学校に通いながら専門知識の基礎基本を学ぶのが主流であり、現場でも対応できる人材になります。

全国のスクール資料一括請求【全て無料】

条件で介護の仕事を選ぶ【登録無料、資料請求無料】



スポンサーリンク

介護の資格

認知症について

認知症について学ぼう!!

老人ホーム探す

介護施設の検索【探しっくす】
認知症の症状とは!?
三大認知症について
家族が認知症になったら!?
認知症のご家族様の接し方
認知症の予防方法
認知症に良い食事とは
認知症に良い運動
認知症に良い生活習慣

ー施設説明ー

介護施設の種類と説明

老人ホーム探す

特別養護老人ホームの説明
介護老人保健施設の説明
デイサービスの説明
ショートステイの説明
グループホームの説明
小規模多機能型施設の説明
有料老人ホームの説明
在宅訪問介護の説明
派遣介護の説明