◎介護福祉士に向いている人

  • 気が配れる人
  • 敏感な人
  • 仲間に優しく声をかけれる人
  • 向上心がある人
  • 決め付けない人
  • 見栄やプライド、意地がない人
  • 発想力が高く、行動力がある人
  • 挨拶ができる人
  • 観察力がある人
  • 創造性が豊かな人
  • 元気のある人
  • 人の話が聴ける人
  • 隠し事をしない人
  • 謝れる人

◎求められる介護福祉士とは!?

1.介護福祉士に必要なのは経験の長さだけでなく、利用者の方の気持ち・相手の立場に立て理解できる人です。

 

2.優しさはもちろんの事、高い専門性(介護倫理・知識・技術)の3つを駆使している人が求められます。

 

3.他職種に対して理解があり繋ぐ事が出来る人。

 

4.根拠のあるケアが出来る人が求められています。

 

5.在宅だけでなく、施設介護も経験している人。

 

6.自分が学んだ事を実習生、ヘルパー、後輩に対して育成できる人。

 

7.常に向上心があり、介護の勉強、新しい情報を取り入れている人。

 

8.チーム、組織全体を盛り上げるような心配り、声かけができる人。

 

9.「報告・連絡・相談」「受容・傾聴・共感」が出来る人。

 

10.ミスや失敗を隠さない人。

◎間違った認識していませんか!?

【介護に対して間違った認識していませんか!?】

  • 女性だから良い、年配だから得意、男性だからダメと言う事はありません。

 

  • 経験が長いから偉い、経験があるから介護ができる、家族介護をしてきたから出来る、ケアマネージャーがあるから偉いと言う事はありません。

 

  • 福祉関係の資格を沢山もっているから、介護が出来ると言う訳でもありません。

◎何を学んだか深さが大切なんです!!

【介護に大切なのは学びの深さ】

  • 今の日本の介護現場の問題点は現場の学習時間、後輩の育成と言われています。

 

  • 10年介護をやっていても、学んだ現場が古いやり方を続けている施設も多く、オムツが楽だからオムツを安易に着けるベテラン介護者も沢山います。

 

◎これからの介護現場に必要な人材は、経験の長さだけでなく根拠のあるケアができる正しい介護、人間らしい介護、最期までその人らしい介護ができる人材が求められてきます。学んだ事を教えられる介護士が必要になります。


スポンサーリンク

介護・福祉・仕事

介護の資格

医療事務、介護福祉士、ホームヘルパーの資格を取るならケア資格ナビ

認知症について

認知症について学ぼう!!

老人ホーム探す

介護施設の検索【探しっくす】
認知症の症状とは!?
三大認知症について
家族が認知症になったら!?
認知症のご家族様の接し方
認知症の予防方法
認知症に良い食事とは
認知症に良い運動
認知症に良い生活習慣

ー施設説明ー

介護施設の種類と説明

老人ホーム探す

介護施設の検索【探しっくす】
特別養護老人ホームの説明
介護老人保健施設の説明
デイサービスの説明
ショートステイの説明
グループホームの説明
小規模多機能型施設の説明
有料老人ホームの説明
在宅訪問介護の説明
派遣介護の説明