無資格で働く際の注意点

【無資格で働く際の注意点】

 

 

どこも人材不足で人手が欲しいのが現状です。

その中でも求人広告の募集に「無資格OK」と記載されている事があります

 

 

介護の仕事は「奉仕」「優しさ」「ボランティア精神」で出来ると勘違いして現場に入ってくる人がいますが、介護には「介護倫理」「知識」「技術」の3つがなければ、ご利用者様の生活・命を守る事はできません。 なので「無資格OK」の求人でも、働く介護施設側が無資格の人でも「安心」して受け入れができる体制を整えておく必要があります。

安心して働く介護現場

無資格の人の為の勉強会・研修会を盛んに行っている。

 

半年は先輩介護福祉士がマンツーマンで指導・教育をしてくれるなど、バックアップ体制ができているか確認して下さい。

 

就職して「現場で放置」されたり、先輩介護士が介護を良く分かっておらず「自己流のケア」などを続けてしまうと、ご利用者の方を怪我させたり、最悪亡くさせてしまうケースもあります。介護の仕事を続けていくのに、基礎基本を学ぶ事が大切です。

 

 

そうでなければ、介護の仕事自体が嫌になるだけでなく、他の介護施設に行って働いてみるも上手くいかずに辞めていく事に繋がります。

無資格でも安心して働くポイント

条件で介護の仕事を選ぶ【登録無料、資料請求無料】


全国のスクール資料一括請求【全て無料】


スポンサーリンク

介護の資格

認知症について

認知症について学ぼう!!

老人ホーム探す

介護施設の検索【探しっくす】
認知症の症状とは!?
三大認知症について
家族が認知症になったら!?
認知症のご家族様の接し方
認知症の予防方法
認知症に良い食事とは
認知症に良い運動
認知症に良い生活習慣

ー施設説明ー

介護施設の種類と説明

老人ホーム探す

特別養護老人ホームの説明
介護老人保健施設の説明
デイサービスの説明
ショートステイの説明
グループホームの説明
小規模多機能型施設の説明
有料老人ホームの説明
在宅訪問介護の説明
派遣介護の説明