失敗しない求人広告の見方

介護の求人の探し方
介護求人の見つけ方

介護求人を見ていて「無資格OK」「先輩ヘルパーが指導します」などと記載されている事があると思います。どこも人材不足で、誰でもいいから入って来てほしい、人材が定着しないから「無資格」でもいいやと思っている介護施設などでは、必ず「無資格OK」などと記載する事があります。

 

 

「先輩ヘルパーが指導します」とありますが、ヘルパーより「介護福祉士が指導します」と記載されている求人の方が安心でき、介護施設側も良く理解しているなと分かります。

介護の仕事探しの方法
安心して

一般の人からしたら「ヘルパー」も「介護福祉士」も同じだと思っている方が多いと思いますが、ヘルパーと介護福祉士では学習時間量が違います。

 

旧ヘルパー1級の資格取得時間が230時間に対して、介護福祉士は1800時間となっており、公的資格と国家資格の違いだけでなく、その専門性の高さの違いがあります


「無資格OK」の介護施設の求人募集でも、半年は先輩介護福祉士がマンツーマンで指導してくれたり、勉強会や研修会などが盛んな介護現場なら、まだ良い方だと思います。

 

しかし、人手が足りないからと就職してから「現場で放置」されたり「自己流のケア」「間違った介護」を教わってしまうと、介護の仕事自体が嫌いになる可能性が高くなります。

 

介護施設の見学は絶対にして欲しいと思います。

条件で介護の仕事を選ぶ【登録無料、資料請求無料】


全国のスクール資料一括請求【全て無料】


スポンサーリンク

介護の資格

認知症について

認知症について学ぼう!!

老人ホーム探す

介護施設の検索【探しっくす】
認知症の症状とは!?
三大認知症について
家族が認知症になったら!?
認知症のご家族様の接し方
認知症の予防方法
認知症に良い食事とは
認知症に良い運動
認知症に良い生活習慣

ー施設説明ー

介護施設の種類と説明

老人ホーム探す

特別養護老人ホームの説明
介護老人保健施設の説明
デイサービスの説明
ショートステイの説明
グループホームの説明
小規模多機能型施設の説明
有料老人ホームの説明
在宅訪問介護の説明
派遣介護の説明